ハワイ島のカイルアーコナ

ハワイ島のカイルア·コナは、豊かな歴史を持っています。ハワイ諸島を統合する前、もともとはこの地域の責任者であったカメハメハ大王が王位についた後、カイルアーコナは政府の中心地としてハワイ諸島の首都になりました。キングカメハメハビーチのホテルは、別名でマリオット宮廷と知られており アリイ·ドライブに位置し、彼に由来する装飾品やマントもロビーに展示してあります。エリア内には王の個人的な自宅も残っており、州都は後にマウイ島のラハイナに移り、現在はオアフ島のホノルルにある。 古代ハワイでは、カロコ−ホロコナウ国立公園での魚の池は、カイルア·コナの生活と文化に不可欠でした。ここで彼らは塩水と淡水の魚の両方を捕獲した後、いけすのようにこの池を利用していました。すぐ北のホノカハウハーバー近くコナの町のある、この国立公園は、現在一般公開されており、私たちの歴史的な街・コナ探訪ツアーで訪問します。このツアーの詳細は ハワイに建てられた最初の宮殿はアリイドライブ、カイルア·コナの町を通る大通りで見つけることができます。これは、1838年に建てられ、ハワイ王族のための休暇の家となったフリヘエ宮殿です。 1927年に完全に復元されました。フリヘエ宮殿の向かい側モクアイカウア教会はハワイで最古のキリスト教会です。 1837年に建てられ、この石造りの建物は、木造建築物を置き換えるために建立されました。使用石は近くのヘイアウから運び、内部はコアの木で装飾されています。それはコナハワイツアーの一番のランドマークです。 あなたは既にご存知かもしれませんが、コナの歴史の一つにコナコーヒーがあります。カイルア・コナはコナコーヒーを成長させるため、世界で最も理想的な条件を持っており、1828年に導入されて以来コーヒーはカイルアコナの農業の巨大な一部となっています。豊かな火山性土壌、日当たりの良い朝、曇りや雨の午後、標高は重要な要素です。コナコーヒーは世界3大コーヒーの一つで、「コナコーヒー」として分類されるためにはコナ領域にて成長させなければなりません。我々は歴史的な街コナ探訪と農場見学ツアーで地域で定評のあるグリーンウェルコーヒーファームとビッグアイランドBee養蜂場に立ち寄ります。無料のコーヒー試飲とビッグアイランドハニーサンプリングでお試しいただくことができます。 私たちはハワイ島・コナにて皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

Read More

ハマクア海岸

ビッグアイランドのハマクア海岸は、緑豊かな植物、滝、険しい崖と谷壁に囲まれた地域です。大きな島の北部東海岸の地区で、ワイピオ渓谷からヒロへ向かう海岸線です。この海岸線に沿った道は、川にまたがるいくつかの峡谷と狭い橋を横切るように走っています。 ワイピオ渓谷は、海岸から5マイルの奥にあり、390mの落差のハワイで最も高い2本のヒイラヴェ滝をご覧になれます。   ワイピオ渓谷の開口部は島で最も長いブラックサンドビーチ   ハマクア海岸沿いのラウパホイホイポイントは1946"年エイプリルフールの日の津波によってもたらされた破壊の爪痕を今も残しており、失われた命への記念碑がポイントに建てられています。   ラウパホエホエポイント マイナスイオン溢れる原生林を抜けると目の前に約130mのアカカ滝が現れます。   これらの観光スポットなどを見てみたくなりましたか?私達のワイピオ渓谷と滝めぐりツアーぜひお見逃しなく。      

Read More

チェーンオブクレイターズロード

チェーンオブクレーターロードを下るとキラウエア火山の進化に伴って、劇的な崩壊に形成された他の多くのピットクレーターが現れます。アアと呼ばれる溶岩とパホイホイ溶岩は、古代からの溶岩の歴史の流れを物語っています。ここでハワイ島が若く、まだ成長し続けていることを実感できるでしょう。     引き続きチェーンオブクレイターロードを降りていくとマウナウル溶岩シールド見ることができます。ムリワイペレやホレイシーアーチ、凍結させた溶岩の川など、アラコモから南海岸を注視し、現在の溶岩流で覆われた古代の漁村を想像してみてください。     美しい公園の海岸線、そして、大海原を背景に約27メートルのアーチ上の岩壁が見事なホレイシーアーチ。(シーアーチとは溶岩が崖から海に流れ込み、内部だけが侵食されてきたできたアーチのこと。)反対側にはカラパナの街を破壊したりチェーンオブクレーターロードを行き止まりにしてしまった、巨大ブラック溶岩流をご覧いただけます。      

Read More

ハワイ火山国立公園

ハワイ火山国立公園に到着後、2008年に初めて噴火して以来活動し続けているハレマウマウ火口に向かいました。展望台に到着する前に、ハレマウマウ火口から立ち上る煙を確認することができ、ツアーのお客様は、自然の偉大さに感動しておられるようでした。 クレーターは、ハレマウマウ(燃え続ける炎の家)として知られており、火山の女神、ペレの伝説的な家です。 乾燥したKa'u砂漠と緑豊かなOla'a熱帯雨林というはっきりと違う2気候帯がここで見ることができます。ハワイの伝説では、火の女神ペレと熱帯雨林の神カマプアの間に大きな戦いが起こり、2つの非常に異なる気候帯が作られたと言われています。私たちのガイドは、展望台に隣接するジャガーミュージアムで異なるタイプの溶岩の形成、ハワイの神々を表す絵画、地震計測器上でより詳細にわかるようになった情報、島の伝統、それらに関連する伝説など、詳しく説明を行います。 ジャガー博物館を出て、スチーム・ベント(蒸気の通気孔)に向かいます。雨水が火山岩を通って下方浸透し、最終的に深い表面下のマグマによって加熱されている非常に高温岩と接触することで最終的に亀裂を通って脱出し、通気口蒸気を作成します。キラウエアのマグマの熱によって発生するまるでパワースポットの天然サウナのような水蒸気を体全体で浴びます。その後サーストン溶岩洞窟(ラバチューブ)に向います。 サーストンの溶岩チューブはハワイ島のトロピカルな原生林の中にあり、非常によい状態で現在も保存されいます。溶岩流の表面が固まり、その後で中の溶岩が流れ出てできたトンネルで、ラバチューブの中に入ると天井が高くなっているところが幾つか見つけられますがこれは火山ガスによって持ち上げられた跡です。苔むした散策路は非常に雰囲気がよく、熱帯雨林の植物が茂っており、ハワイ固有種の貴重な鳥達が飛び交い、特に朝や夕方にはたくさん見ることができます。ガイドはこの森で見つかった希少な植物の一部をお客様に紹介し、20分ほどの散策は終了です。 公園内の私たちが次に向かうところはキラウエアイキ展望台でした。ここは素晴らしい景観で希少絶滅危惧鳥類も見ることができます。キラウエアイキは最後1959年に噴火し、溶岩の常に大きな湖を出現させました。また、奥にはハレマウマウ火口から立ち上る白煙を見ることができます。

Read More

レインボー滝

アカカ滝を離れ、私たちは1900年代初頭に建てられた建物が多く残るダウンタウンヒロに向かいました。ヒロの中心部から10分ほどのところにレインボー滝があります。この滝の周りは、農園で働くようになった初期のアジア系移民によって持ち込まれたと考えられる非常に古い、60'-70'フィートのマンゴーの木に囲まれています。遊歩道は滝の後ろに回ることもできますし、マンゴーの木を見たり、最終的に大規模なバンヤンツリーにつながっています。ガジュマルの木は天蓋から根をを落とし、木全体を包み込んでいます。その根は、最終的に非常に緻密かつ強固になってどんどん大きく成長していきます。その本来の生息地では、1本のバンヤンの木は軍隊全体を覆うことができるほど大きく成長することがあると報告されています。

Read More

アカカ滝州立公園

https://www.youtube.com/watch?v=m5mT29UUvDE 私たちのツアーガイドカラはゲストに生姜、竹、ピンクバナナ、ヘリコニア、および他の多くのエキゾチックな熱帯の植物を紹介しました。散策の終わりに、何千年もかけて山の側を通って削られてできた大規模な渓谷の展望台より、アカカ滝の素晴らしい景色を堪能しました。アカカの滝の川はハワイ固有のO'opu(魚の種類)とopae'kala'ole(エビの一種)の生息地です。この島で進化した、多くのネイティブの植物や動物のように、これら二つの生物は、世界のどこか他の動物とは違ってユニークな特性を持っています。彼らは腹に特別な吸盤を持ち、この滝(442フィート)を登ることもできます。展望台に立って数分後、太陽が出てきて、私たちは幸運にも滝にかかる素晴らしい虹を見ることができました。

Read More

ワイピオ渓谷

ワイピオ渓谷、王家の谷。古代ハワイでは、この谷はアリイ(ハワイ王族)に神聖な場所と考えられており、彼らはしばしば、彼らの権威の後継を決めるためにここに集まっていました。谷底は、湿地の気候に分類され、ハワイ島の主食であるタロイモを生産するのに理想的な条件で今日でも栽培されています。ハワイ島で最長の黒い砂のビーチと2000フィート海抜断崖絶壁に囲まれているワイピオ渓谷。後ろにはヒイラヴェの滝から流れ落ちる水によって川ができています。。 映画ウォーターワールドの多くのシーンは、このビーチで撮影されました。

Read More